• 神社・仏閣挙式専門店晴レの日

  • 晴レの日
  • 晴レの日
  • 晴レの日
  • 晴レの日
  • 晴レの日
晴レの日
  • English (14)
  • ブログ (2,092)
  • メディア掲載情報 (38)
  • 北御堂 (2)
  • 大相談会 (140)
  • 色がもたらす印象の効果について

    こんにちは!

    浅草ブライダルサロンです(*^^*)

     

     

    今回は色がもたらす印象の効果について

    少しだけ豆知識を共有したいと思います♪

     

    お着物に合わせる髪飾りなどを選ぶ際に参考にしてみてください!

     

    まず、色には「色相」「明度」「彩度」というものがあります。

     

    色相とは、簡単に言えば赤・黄・青などの色分けのことですね。

     

    次に、明度とは読んで字のごとく色の明るさの度合のこと。

    明度が高ければ白みがかった色。

    明度が低ければ黒みがかった色になります。

     

    そして、彩度とは鮮やかさの事です。

    彩度が高ければ高いほど目を惹く色になります。

    いわゆるビビッドカラーですね。

    彩度が低いと淡い印象に。

    いわゆるパステルカラーになります。

     

     

    この3つをふまえた上で次の図をごらんください。

     

    220px-MunsellColorCircle

     

    こちらは色相環と言って、色相を環状に配置したものです。

     

    色相環で向かい合う色は「補色」と言って

    お互いを鮮やかに魅せる性質があります。

     

    たとえば赤(5R)の対面は緑(5BG)です。

     

    この組合せはよく見かけますね。

     

    緑が多い神社さんに真っ赤な鳥居があると

    とても美しく見えるのはこの補色の効果です♪

     

    写真を撮るときは、補色を入れるととても綺麗に撮れますよ(*^^*)

     

     

    pccs_color

     

    上の図は、明度と彩度の分布図です。

     

    たとえばお着物が「明度が低く」で、「彩度が高かった」場合

    (この図で言うとディープ)

    髪飾りもディープ周辺の色味に合わせると統一性が出て素敵に見えます♪

     

    逆にディープの色味のお着物にペールの髪飾りやブーケなどを

    合わせてしまうと統一性がなく一部が浮いて見えてしまいます。

     

    242

     

    こちらのお写真はお着物と和傘のとリップカラーの

    色相と彩度と明度が統一されていて、

    背景に補色が入っていてとても綺麗なお写真に仕上がっています☆彡

     

     

    こういったかたちで、色の効果も考えてみて

    お着物を選ぶのも楽しいかと(*‘ω‘ *)

     

    ぜひ、参考にしてみてください。

     

    晴レの日SNSも応援よろしくお願いします

    和婚をお考えのプレ花嫁さんのための、ヘアメイク・ネイル・テーブル装花・花嫁DIYなどお役立ち画像満載の公式インスタは

    ◆晴レの日&HARENOHI instagram

    ◆晴レの日 Facebook(日本語版)

    ◆HARENOHI Facebook(英語版)

    ただいま、インスタ・FBで晴レの日をフォロー・いいね!してくださった方にステキな景品をご用意しています♪

    2019年1月26日 6:34 PM