• 神社・仏閣挙式専門店晴レの日

  • 晴レの日
  • 晴レの日
  • 晴レの日
  • 晴レの日
  • 晴レの日
晴レの日
  • English (14)
  • ブログ (1,737)
  • メディア掲載情報 (34)
  • 大相談会 (128)
  • 【横浜】日本の結婚式はどう始まった?!

    こんにちは!

    晴レの日 横浜カウンターです!!(*^^*)

     

    9月を迎えまだ暑い日々が続いておりますけれども

    もうすぐ秋の香りがほのかにしております。

    -1IMG_9737

    本日は神社挙式についてご紹介いたします😊

    突然ですが皆さん、

    なぜ日本では神社で結婚式をするようになったかご存知ですか??

     

    是非このブログをきっかけに神社挙式に

    興味を持っていただけたら幸いでございます!!

    -1IMG_9408

    神社挙式は「神前式(しんぜんしき)」とも呼ばれ、

    神社に祀られている神様に結婚することを誓う

    日本の伝統的なスタイルです。

     

    では、なぜ神社挙式が広まったのか、

    それは室町時代まで遡ります。

    当時はなんと3日間かけて結婚式を行っておりました。

    現在のようなスタイルになったのは明治33年に

    大正天皇東京大神宮にてご結婚式を挙げたことが

    始まりといわれています。

    18443558_1881495715439365_5387554087875117056_n

    お着物でご結婚式を挙げるというイメージが強い神社挙式ですが、

    実は神社で結婚式を挙げるには

    以下のような意味合いがあるのです!!

     

    神社挙式は新郎新婦お二人だけのためではなく

    家族と家族の新たな結びつきだと考えられています。

    その為、挙式中は新郎新婦の後ろに

    ご両家のご両親が座りお二人を見守ります。

     

    儀式が滞りなく行われ

    結婚への強い意志と決意の確認。

    挙式中は緊張感がありますが

    挙式後には安堵とともに温かい雰囲気に包まれます。

    この雰囲気につい感極まるプランナーも少なくはありません。

     

    神社挙式はご神殿で行われるため、

    新郎・新婦のご親族を合わせて30~50名様程度が

    最大参列人数となっている神社が多く

    そのため、参列できるのは両親をはじめ

    兄妹や親戚といった血縁関係の近い親族が主です。

    17077331_269760723438040_2607228019789529088_n

     

    本日は神社挙式についてのご紹介でございました。

    次回は神社挙式での儀式内容についてご紹介いたしますので

    どうぞお楽しみに~(^^)/

     

    晴レの日SNSも応援よろしくお願いします

    和婚をお考えのプレ花嫁さんのための、ヘアメイク・ネイル・テーブル装花・花嫁DIYなどお役立ち画像満載の公式インスタは

    ◆晴レの日&HARENOHI instagram

    ◆晴レの日 Facebook(日本語版)

    ◆HARENOHI Facebook(英語版)

    ただいま、インスタ・FBで晴レの日をフォロー・いいね!してくださった方にステキな景品をご用意しています♪

    2017年9月9日 10:00 AM